通いは難易度が高い

風俗嬢に適用される「保証制度」というのは、そもそも出稼ぎで働く女性のために作られた制度でありますので、通いで働く女性に対してはなかなか厳しい条件をクリアしなければ保証は補てんされないといわれています。
それと同時に、ずっとお店に在籍する通いの女性がお店から「保証制度」をOKしてもらうのは、お店にもよりますが難易度が高めでもあるのです。
たとえば、「1ヶ月に20日以上出勤すること」、「出勤した日は10時間以上の待機」、「遅刻や早退、欠勤をした段階で保証は打ち切り」、「顔出し写真を在籍とお店の広告ともにOKすること」、「写メ日記は必ず1日5回以上は投稿すること」、といった条件が出されることが多いようです。
短期なら大丈夫でも、ずっとその条件が続くということになるとかなり難しいと感じる女性も多いのではないかと思われます。
ある意味、そこまでしっかりと頑張れる女性なら、別に給与保証をOKしてもらわなくても普通にそれくらいは稼げるというのも正直なところでもあります。
特に、風俗のお仕事の場合は自由出勤制で自分のペースでお仕事ができる点も魅力の1つですので、それをみすみす逃してしまうのもどうかと疑問に感じます。
そういったこともあり、業界に慣れている女性は保証についてあまり言わなくなってきているのも事実なのです。
そこで、給与保証をしてもらえるためのハードルが高くなったのには理由があるのです。
一昔前は、女性の求人を集めるために一時期かなり多くの風俗店が積極的に保証を出していました。
その結果、お仕事で手抜きをしたり、接客態度があまり良くない女性というのが増えてしまったのです。
「サービスは適当にやっていてもお給料がきちんともらえるならそれでOK」、「別に無理してお客様に媚びを売って指名してもらおうとする必要がない」、と考える女性が増えていったのです。
そんなサービスの悪い女性の割合が増えると、お客様がお店からどんどん離れてしまい、お店にとってはあまり歓迎できる状態ではなくなりました。
そうしたことから、最近は「保証制度」を利用する女性にはかなり強めな条件が出されるようになってしまったのです。
また、面接の時に保証についてガンガンと質問をする女性は不採用になる傾向が圧倒的に高いともいわれています。
「仕事で手抜きをしたいタイプ」、と面接する人が判断してしまうのです。
ですので、ちゃんと頑張って仕事をする女性なら、保証はなくても大抵は保証額以上に稼げるというのが正直なところなのです。

出稼ぎには優遇

風俗店で働く女性にある特権として、「保証制度」というものが存在してきます。
この「保証制度」とは、稼ぎがあらかじめ決めた保証額より低かった場合に、差額をお店が出してくれるというものになります。
そんな良い制度があるなら、誰でも積極的に使いたいと思うのは当然のことだと思われます。
ですが、元はといえば「保証制度」は出稼ぎの女性のために作られたのです。
ですので、通いの女性が保証をしっかり出してもらうのはちょっと難しかったり、不利な条件を出されるケースが多いのです。
お店から保証のための条件をシビアに出されて、そんなことなら保証なしでも別に良かったということも決して少なくはありません。
上記でも述べましたが、「保証制度』」は元々が出稼ぎの女性のために作られた仕組みであり、出稼ぎとは地方に住んでいる女性が短期間だけ都内でお仕事をする稼ぎ方になります。
そうした出稼ぎの女性の場合、あまり知らない土地に時間をかけてわざわざ来たのに、予定よりもまったく稼げなかったということになったら誰でも嫌なはずです。
次から出稼ぎで来てくれる女性がかなり減ってしまう可能性もありますので、出稼ぎを積極的に受け入れているお店は、女性が安心して出稼ぎできるように「保証制度」を待遇に用意するようになったのです。
また、出稼ぎの女性が多い夏休みや年末年始のシーズンは風俗業界の一番の繁忙期でもありますから、1人でも多くの女性を確保したい、多くの出稼ぎの女性を受け入れたほうが全体でみれば得になる、というお店の都合もあるのです。
そこで、出稼ぎに対しての保証の申し込み方がわからないという不安があります。
たとえば、出稼ぎ希望の女性が「10日間出稼ぎしたいのですが保証はどうなっていますか」、というように質問をすれば、「出稼ぎの人なら○○といった条件でお仕事していただければ○万円を保証します」、という具合にすんなり保証の交渉に入れるはずです。
出稼ぎに関していえば、お店から提示される保証の条件もそれほど厳しい内容とまではいえず、納得できる範囲であることが多いようです。
たとえば、「1日の待機時間は10時間以上」、「遅刻や早退、無断欠勤はNG」、「写メ日記を1日に最低1回更新」、「写メ日記では必ず顔出しを行うこと」、といった具合になります。
10日程度の期間限定であるなら、それほど努力しないでもできそうな条件でもあります。
ちなみに、写メ日記に顔出しに抵抗がある場合、本人とわかりにくいようスマホでアプリなどを使って加工するのは十分アリなのです。

保証制度とは

ここ最近、風俗店で働きだす女性というのは段々増えてきているような気がします。
一昔前などは風俗店で働きたいと考える女性すら少なく、かなりお金に困った女性などがスカウトマン経由で風俗店で働きだすというのが普通の時代でした。
今では、インターネットの普及ということもあり、働きたい風俗店を探し出すというのはそう難しくない時代にもなっています。
そこで、よく求人広告などで「○○万円保証」と掲載されていることがあります。
これが「日給保証」や「最低保証」という制度になり、稼ぎがその額に達しない場合はお店がちゃんと差額を補てんして保証した金額を貰えるようにするという仕組みなのです。
初心者の人だとそういった事情をよく知らないと思いますので、これから風俗業界で働きたいと考えているのなら保証制度については知っておいたほうがお得だと感じます。
まず簡単に、出稼ぎなら保証OKというのは割合OKとなりやすく、通いで働く女性の場合は保証はOKされにくいということはに入れておいたほうがいいでしょう。
すでにこの業界でお仕事をしている女性などは保証制度を最初から考えていない人が多いようで、実際に面接などで質問されるケースは減ってきてもいるようです。
逆に、知らないで保証について質問しまくると、お店から誤解され採用されにくくなることすらあるのです。
では、そもそも風俗店の保証制度というのはどういったものなのでしょうか。
一般のアルバイトなら時給1000円というように、お仕事が暇でも忙しくても出勤した時間だけお給料は貰えます。
ですが、風俗のお仕事は完全出来高制になっているのです。
お客様がたくさん来れば1日に10万円以上稼ぐことも十分可能ですし、逆にお客様が全然つかない場合には待機しているばかりで、稼ぎが1万円なんていう可能性も十分にあり得ます。
上記の例は極端になるかもしれませんが、確実にいくらかを稼ぎたいという女性の場合は実際に働いてみないとわからない、というのではちょっと不安かもしれません。
そこで、稼ぎが少ない分をお店が補てんしてくれるというのがこの保証制度なのです。
保証制度は、稼ぎがあらかじめ決めた保証額より低かった場合に、差額をお店が出してくれるというものです。
たとえば、「5万円保証」をお店がOKしてくれていた場合、その日の稼ぎが3万円だった場合でもお店が2万円を補てんし、女性は5万円を受け取れることになります。
さらに、お店によっては差額の補てんの仕方に差があり、1日の精算時に差額を補ってくれるお店やある一定の期間で差額を精算する風俗店も多いようです。
これは女性にとってはとてもありがたい制度であるのですが、実際にはあまり採用される女性もほとんどいないというのも現状でもあるのです。