保証制度とは

ここ最近、風俗店で働きだす女性というのは段々増えてきているような気がします。
一昔前などは風俗店で働きたいと考える女性すら少なく、かなりお金に困った女性などがスカウトマン経由で風俗店で働きだすというのが普通の時代でした。
今では、インターネットの普及ということもあり、働きたい風俗店を探し出すというのはそう難しくない時代にもなっています。
そこで、よく求人広告などで「○○万円保証」と掲載されていることがあります。
これが「日給保証」や「最低保証」という制度になり、稼ぎがその額に達しない場合はお店がちゃんと差額を補てんして保証した金額を貰えるようにするという仕組みなのです。
初心者の人だとそういった事情をよく知らないと思いますので、これから風俗業界で働きたいと考えているのなら保証制度については知っておいたほうがお得だと感じます。
まず簡単に、出稼ぎなら保証OKというのは割合OKとなりやすく、通いで働く女性の場合は保証はOKされにくいということはに入れておいたほうがいいでしょう。
すでにこの業界でお仕事をしている女性などは保証制度を最初から考えていない人が多いようで、実際に面接などで質問されるケースは減ってきてもいるようです。
逆に、知らないで保証について質問しまくると、お店から誤解され採用されにくくなることすらあるのです。
では、そもそも風俗店の保証制度というのはどういったものなのでしょうか。
一般のアルバイトなら時給1000円というように、お仕事が暇でも忙しくても出勤した時間だけお給料は貰えます。
ですが、風俗のお仕事は完全出来高制になっているのです。
お客様がたくさん来れば1日に10万円以上稼ぐことも十分可能ですし、逆にお客様が全然つかない場合には待機しているばかりで、稼ぎが1万円なんていう可能性も十分にあり得ます。
上記の例は極端になるかもしれませんが、確実にいくらかを稼ぎたいという女性の場合は実際に働いてみないとわからない、というのではちょっと不安かもしれません。
そこで、稼ぎが少ない分をお店が補てんしてくれるというのがこの保証制度なのです。
保証制度は、稼ぎがあらかじめ決めた保証額より低かった場合に、差額をお店が出してくれるというものです。
たとえば、「5万円保証」をお店がOKしてくれていた場合、その日の稼ぎが3万円だった場合でもお店が2万円を補てんし、女性は5万円を受け取れることになります。
さらに、お店によっては差額の補てんの仕方に差があり、1日の精算時に差額を補ってくれるお店やある一定の期間で差額を精算する風俗店も多いようです。
これは女性にとってはとてもありがたい制度であるのですが、実際にはあまり採用される女性もほとんどいないというのも現状でもあるのです。