出稼ぎには優遇

風俗店で働く女性にある特権として、「保証制度」というものが存在してきます。
この「保証制度」とは、稼ぎがあらかじめ決めた保証額より低かった場合に、差額をお店が出してくれるというものになります。
そんな良い制度があるなら、誰でも積極的に使いたいと思うのは当然のことだと思われます。
ですが、元はといえば「保証制度」は出稼ぎの女性のために作られたのです。
ですので、通いの女性が保証をしっかり出してもらうのはちょっと難しかったり、不利な条件を出されるケースが多いのです。
お店から保証のための条件をシビアに出されて、そんなことなら保証なしでも別に良かったということも決して少なくはありません。
上記でも述べましたが、「保証制度』」は元々が出稼ぎの女性のために作られた仕組みであり、出稼ぎとは地方に住んでいる女性が短期間だけ都内でお仕事をする稼ぎ方になります。
そうした出稼ぎの女性の場合、あまり知らない土地に時間をかけてわざわざ来たのに、予定よりもまったく稼げなかったということになったら誰でも嫌なはずです。
次から出稼ぎで来てくれる女性がかなり減ってしまう可能性もありますので、出稼ぎを積極的に受け入れているお店は、女性が安心して出稼ぎできるように「保証制度」を待遇に用意するようになったのです。
また、出稼ぎの女性が多い夏休みや年末年始のシーズンは風俗業界の一番の繁忙期でもありますから、1人でも多くの女性を確保したい、多くの出稼ぎの女性を受け入れたほうが全体でみれば得になる、というお店の都合もあるのです。
そこで、出稼ぎに対しての保証の申し込み方がわからないという不安があります。
たとえば、出稼ぎ希望の女性が「10日間出稼ぎしたいのですが保証はどうなっていますか」、というように質問をすれば、「出稼ぎの人なら○○といった条件でお仕事していただければ○万円を保証します」、という具合にすんなり保証の交渉に入れるはずです。
出稼ぎに関していえば、お店から提示される保証の条件もそれほど厳しい内容とまではいえず、納得できる範囲であることが多いようです。
たとえば、「1日の待機時間は10時間以上」、「遅刻や早退、無断欠勤はNG」、「写メ日記を1日に最低1回更新」、「写メ日記では必ず顔出しを行うこと」、といった具合になります。
10日程度の期間限定であるなら、それほど努力しないでもできそうな条件でもあります。
ちなみに、写メ日記に顔出しに抵抗がある場合、本人とわかりにくいようスマホでアプリなどを使って加工するのは十分アリなのです。